新居浜市,歯科, 歯医者,訪問歯科 小児歯科, 障害者歯科,無痛治療

白石歯科医院

障がい者歯科

障がい者歯科とは?

障がい者歯科とは?

障がいを持たれている方は、「歯科医院に通って治療をするのが難しい。」と思われて、虫歯や歯周病などを治療せずにそのままにされているケースも多いのではないでしょうか?

当院では、重度の障がいを持っている方に対する治療「障がい者歯科」を行っています。精神発達遅滞や自閉症などによりコミュニケーションが上手く取れない患者さんや、協力を得られず治療を嫌がって暴れたりする患者さんの治療にも対応しています。

養護学校や特別支援学校などの先生からもご信頼を頂いており、学校の先生や校長先生から保護者の方が紹介を受け、当院に通院される患者さんも多くいらっしゃいます。

虫歯や歯周病は、進行するほど治療が難しくなり、また患者さんの負担も大きくなります。そのため、お口の中の状態を管理し、適切な予防処置を行うことで虫歯や歯周病の発生や進行を抑えることができます。

虫歯や歯周病になる前に定期的に健診を受けることで、健康な歯の維持につながるだけでなく、歯科医院に慣れて頂き、スムーズに治療を受けて頂けやすくなります。

障がい者歯科の対象となる方

障がい者歯科の対象となる方は以下のとおりですが、当院では特に重度の精神障がいを持っている方に対しても治療を行っています。
小児脳性麻痺などで歯科医院への通院が難しい方に対しては、ご自宅や施設などにおうかがいしての治療にも対応しています。

  • 知的障がい者(コミュニケーションが上手く取れない方、治療を嫌がり暴れる方)
  • 視聴覚障がい者(目や耳などが不自由な方)
  • 肢体不自由(身体を自由に動かせない方)
  • 心疾患 など

障がい者歯科に対する当院の取り組み

障がい者歯科に対する当院の取り組み

患者さんの協力が得られる場合は、一般的な歯科治療や小児歯科と同じ治療を行っていきます。障がいの程度よって、患者さんに合わせた治療内容や治療方法を選択します。また、治療内容などについては、ご家族の方にも事前にご説明させて頂いております。

患者さんの協力が得られない場合や通常での治療が難しい場合、患者さんの安全を第一に考え、静脈内鎮静法によって患者さんが眠っている間に治療を行う場合もあります。

自閉症児への歯科治療・保健指導

  • 共通のコミュニケーション方法をもつ
  • 治療や指導に際した見通しを示す
  • 視覚情報を有効に使う
  • 歯科的問題行動の原因を常に検証する
  • 療育者の療育と平行してすすめる(間食・甘味食品の適正摂取)
  • 治療時の環境設定に十分配慮する(不要な刺激の遮断・待ち時間をなくす・他の患者との並行予約はしない など)

しかし、歯科医院だけでこれらのことを進めようとしても上手く行きません。家庭や学校で日常的に取り組まれていることが必要です。

また、患者さんの情緒が安定している場合とそうでない場合は、診療室での対応が大きく変わってきます。私の患者さんでも、過去に何らかの歯科的トラウマを植え付けてしまったケースでは、対応が非常に難しいことがあります。

また、自閉症の方が治療をする内容やどういったことを進めていくのかを理解しやすいように、下図のようなイラストも活用しています。

歯科医院だけでこれらのことを進めようとしても上手く行きません。家庭や学校で日常的に取り組まれていることが必要です。
医院の治療への考え 自宅で受けられる 摂食嚥下関連医療資源マップ 診療のご案内
お支払いについて カテゴリー